AWS Marketplace AMIから起動したインスタンスのRootVolumeを他インスタンスにアタッチする方法

AWS MarketplaceのAMIから起動したインスタンスのRootVolumeはRootVolume(/dev/sda)以外でアタッチすることができない。
「Error attaching volume: ‘vol-xxxxxxxx’ with Marketplace codes may not be attached as a secondary device.」

オペレーションミスをしてサーバを閉じ込めてしまった場合の対処方法
(1)当該RootVolumeのスナップショットを取得する
(2)スナップショットをAWS MarketPlace 管理用アカウント(ID: 6795-9333-3241)に共有する
(3)AWSサポートに下記情報と制限を解除して欲しい旨を伝える
・スナップショットのID
・スナップショットが保存されているリージョン
・対象ボリューム/インスタンスのベースとなるAMIのID
・当該AMIのプロダクトバージョン

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6 の場合
https://aws.amazon.com/marketplace/pp/B007ORSS8I?ref=cns_srchrow
Product Details
Version: 6.5
Available on AWS Marketplace Since: 03/26/2012

CentOS 6 の場合
https://aws.amazon.com/marketplace/pp/B00A6KUVBW/ref=cns_srchrow
Product Details
Version: 6 – 2014-09-29
Available on AWS Marketplace Since: 11/13/2012

(4)祈る
(5)AWSサポートから制限が解除されたスナップショットが共有される
(6)スナップショットからEBSを作成する
(7)作成したEBSを他インスタンスにアタッチする
(8)マウントし復旧作業する

AWS Marketplace AMIから起動したインスタンスのRootVolumeを他インスタンスにアタッチする方法」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中