CentOSにJenkinsをインストールする

みんな大好きJenkinsおじさんをインストールします。

Javaまわりのインストール

yum -y install java-1.7.0-openjdk java-1.7.0-openjdk-devel

リポジトリの取得

cd /etc/yum.repos.d/
curl -OL http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo
rpm --import http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key

Jenkinsのインストール

yum -y install jenkins

Jenkinsの設定
・ProcessTreeKillerの無効+Timezoneの設定
・起動ポートの変更(8080->8000)
・サブディレクトリの変更 http://(IPアドレス)/jenkins

/etc/sysconfig/jenkins

JENKINS_JAVA_OPTIONS="-Djava.awt.headless=true -Dhudson.util.ProcessTree.disable
=true -Dorg.apache.commons.jelly.tags.fmt.timeZone=Asia/Tokyo"
JENKINS_PORT="8000"
JENKINS_ARGS="--prefix=/jenkins"

Jenkinsの起動と自動起動設定

/etc/init.d/jenkins start
chkconfig jenkins on

ttyなしでsudoできるように+jenkinsユーザにsudo権限を与える
visudo

#Defaults    requiretty
jenkins ALL=(ALL)       NOPASSWD:ALL

nginxに80から8000へ飛ばす設定を追加

    location ~ /jenkins {
…
        proxy_pass              http://localhost:8000;
    }

Jenkinsへアクセス
http://(IPアドレス)/jenkins

CentOSにJenkinsをインストールする」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中