mod_extract_forwarded

ロードバランサを使うと接続元がロードバランサのIPアドレスになってしまう対策

# yum --enablerepo=epel install mod_extract_forwarded
# vim /etc/httpd/conf.d/mod_extract_forwarded.conf

LoadModule extract_forwarded_module modules/mod_extract_forwarded.so
MEForder refuse,accept
MEFrefuse all
MEFaccept all

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください