SELinuxを無効にする

SELinuxとは
Linuxのカーネルにアクセス制御機能を付加するモジュール。
デフォルトで有効になっている為、インストール時や運用時にハマることが多い。

動作状態の確認
getenforceコマンドを実行する。

# getenforce
Enforcing

Enforcing
SELinuxが有効
Permissive
SElinuxが無効だがログを出力する
Disabled
SElinuxが無効

一時的に無効にする
setenforceコマンドを実行する。

# setenforce 0
# getenforce
Permissive

SELinuxを再度有効にしたい場合は1にする。

# setenforce 1

SELinuxを無効にする
/etc/sysconfig/selinuxのSELINUXをdisabledへ変更しOSを再起動する。

# vim /etc/sysconfig/selinux
SELINUX=disabled

# reboot
# getenforce
Disabled

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中